2022.03.24

【SXSWイベントレポート】 ZOZOグループの先端ファッションテックを海外初披露! リアルとバーチャルを融合したインタラクティブなプロトタイプ作品を複数展示

各種展示作品の実用化に、多様な業界・地域の来場者から高い感心が寄せられました
【SXSWイベントレポート】 ZOZOグループの先端ファッションテックを海外初披露! リアルとバーチャルを融合したインタラクティブなプロトタイプ作品を複数展示

「UNVEIL THE FUTURE OF FASHION TECHNOLOGY」をコンセプトに、大きなブラックボックスの壁面が左右上下にスライドしたかのようなブースデザインは、まだ見ぬ新しいファッションやテクノロジーがまるでベールを脱ぐように徐々に見えてくる様子を表現

株式会社ZOZO NEXT(本社:千葉県千葉市 代表取締役:金山 裕樹 以下、ZOZO NEXT)は、さまざまな分野から企業やクリエイターが集う、世界最大級のテクノロジーと音楽・映画の祭典「SXSW 2022」(サウス・バイ・サウスウエスト 2022)のCREATIVE INDUSTRIES EXPO(クリエイティブ・インダストリーズ・エキスポ)に、3月13日(日)から3月16日(水)の期間で初出展いたしました。1987年より、30年以上にわたってアメリカ・テキサス州のオースティンで開催されてきた本イベントには、今年も世界各国から音楽や映画を愛する人々や先端テクノロジーを取り扱う企業など、新たなカルチャーや技術との出会いを求めて様々な来場者が集まりました。本レポートではSXSW 2022で開催されたCREATIVE INDUSTRIES EXPOの様子や、当社の出展内容についてご報告いたします。

ZOZO NEXT出展サマリー

本出展では、「UNVEIL THE FUTURE OF FASHION TECHNOLOGY(ファッションテックの領域のヴェールを取り払う)」をコンセプトに、スマートテキスタイル、バーチャルヒューマン、コンセプトムービー、計測テクノロジーといった、国内外初公開を含む4カテゴリのプロトタイプ作品を展示しました。EXPO内、最大スペースでの出展となった当社ブースには連日多くの来場者が訪れ、ZOZOグループが展開する先端テクノロジーに触れ、体験し、スタッフと様々なアイデア交換をすることでブースは大いに盛り上がりました。

以下、それぞれの展示についてご紹介いたします。

【1】先端スマートテキスタイルの展示

300年以上の歴史を持つ西陣織の老舗、株式会社 細尾の伝統工芸技法と、東京大学とZOZO NEXTが開発した先端テクノロジーを掛け合わせ、日本古来の美しさと機能性を両立したスマートテキスタイル作品の展示をおこないました。他カテゴリの作品とは違った雰囲気を纏ったスマートテキスタイルエリア。西陣織の持つ圧倒的な存在感と美しさに、足を踏み入れた瞬間に、「Wow…!」と声を漏らす来場者も多くいました。特にアパレルブランド様からの関心が高く、さまざまな活用の可能性を感じていただけたようです。

画像6

■Wave of Warmth(海外初公開)
周囲の温度変化によって色が変化する西陣織。元々は黒色の織物ですが、周囲の温度が25度以上になるとロイコ染料が反応して青色に変色します。黒色の織物から、柄が浮かび上がるように青色に色彩変化する様子はとても美しく、ドラマチックです。

 動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=HL1of6S6YoA

画像8

全長5.5メートルの大きな織物はそこにあるだけで迫力を感じる佇まい。テキスタイルエリアに入ってきた来場者の目に一番最初に飛び込む、インパクトのある作品となりました

画像10

温度制御により、25度以上になると黒色からゆったりと青色に色彩変化し、柄が浮かび上がってきます

■Woven Glow(海外初公開)
紐状の有機ELを織り込み、通電すると発光する西陣織。昨年4月に京都・HOSOO GALLERYで行った成果展示「Ambient Weaving --環境と織物--」にて展示した作品を3色で発光する仕様にアップデートしました。発光のアニメーションは30FPSで設計することが可能です。

 動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=Ln5xjnNR3lk

画像13

全長4.8メートルの西陣織が発光する様子は不思議な感覚もありつつ、どこか引き込まれる魅力を感じます。会場では織機の音に合わせて発光を行いました

画像15

発光していない際には、細尾のコレクションである西陣織の柄が際立ち、また違った美しさを見せてくれます

■Drifting Colors(海外初公開)
緯糸に特殊なチューブを織り込み、毛管力を利用することで、染色と退色を何度も繰り返すことを可能にした西陣織。色水に浸すことで、まるで植物が水を吸い込むように染色し、無色の水に浸すと吐き出すように退色します。本来、西陣織は先染めした糸を織って織物にしますが、この作品では織物の状態で染色・退色ができるため、気分に合わせて自分の好きな色・デザインに何度も作り替えて楽しむことができます。
来場者からは「とてもエコな作品ですね!」とコメントをいただくことも多く、染色の過程を見せるインスタレーションも含めて注目を集める作品となりました。

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=mX6UnyONVgk

画像18

展示初日の様子。天井部にある色水をゆっくりと吸い込み、上部のみが色づいています。ここから徐々に全体が色づき、新たな表情を見せてくれます

画像20

最終日の様子。最下部まで美しく染まり上がった姿は、初日とは全く別の作品のよう。展示期間となる4日間、日ごとにそれぞれ違う表情を見せてくれました

画像22

自分のお気に入りの色・デザインまで染色した状態で乾かすと、染料が繊維内に定着し、世界に一つだけの作品が完成します。同じ色水を使用しても色づき方が異なるため、二度と同じデザインには出会えないところも、この作品の魅力です

【2】バーチャルヒューマンを手軽に生成!バーチャルヒューマンクリエイター(国内外初公開)

ユーザー自身にそっくりなバーチャルヒューマン生成が可能となる、デジタルサイネージを使用したインタラクティブなデジタルコンテンツです。顔写真を撮影後、スタイル(ジェンダー)・身長・体重を入力するだけで、即座にユーザーのバーチャルヒューマンを生成し、バーチャルフィッティングを楽しむことができます。バーチャルヒューマンの顔部分には、その場で撮影した顔写真を使用し、Pinscreen社の最先端のアバター作成技術によって、ユーザー本人にそっくりのアバターを生成します。さらに、デジタル化されたいくつかの衣服の中から好みのものを選択すると、実際に試着をしているかのようなバーチャルフィッティングを非接触で体験することが可能です。
体験した人の中には、バーチャル上で「理想の自分」になるために、現実世界の自分のスタイル・身長・体重とは異なるデータを入力し、新たな自分に出会う方も多く、バーチャルならではのファッションの楽しみ方が見られた展示となりました。
完成した自身のバーチャルアバターを見て、「これがバーチャル空間の私なの!?」、「すごく似ている!」など、驚いたり感動したりしながら楽しむ様子が印象的でした。
作成したバーチャルヒューマンをSNSにアップする来場者も多く、ブース内で一番の盛り上がりを見せたコンテンツとなりました。

画像26

誰かがバーチャルヒューマンを作り始めると、興味を持った通りがかりの人が足を止め、あっという間にたくさんの人が集まってきます。出来上がった姿を見て、「似てるね!」と大盛り上がりすることも

画像28

リアルだと着用が難しい形の洋服にも、積極的にチャレンジできるのがバーチャルの魅力。体型やハンディキャップにとらわれず、自分らしいファッションを楽しめます

画像30

バーチャルヒューマンを実際に生成している様子。撮影した顔写真をもとにバーチャル ヒューマンの顔を生成します

画像32

完成したバーチャルヒューマンには10パターンのコーディネートの中から、好きなものを選択することが可能。
背景・ポーズ・コーデを選択して、好きな角度に調整したら、3枚まで写真撮影も可能

画像34

本人とバーチャルヒューマンが並んで記念撮影をしている様子

【3】コンセプトムービーの公開(国内外初公開)

「204X年」に到来するであろうファッションの未来を描いたコンセプトムービー"THE FUTURE OF FASHION"を会場内と特設サイトにて公開しました。XRテクノロジーやスマートファブリックといった、現在は「先端テクノロジー」と呼ばれる技術が日常に溶け込んだ未来の世界を描きつつ、ZOZO NEXTの今後の取り組みを期待させる内容となっています。ふと足を止めて、ムービーに見入る来場者も多く、「こんな未来が来たら、もっとワクワクする生活が送れるようになりそうだね」と期待感を言葉にしてくれる方もいました。

ムービーは「SXSW 2022出展特設ページ」内よりご覧いただけます。
・日本語版:https://zozonext.com/project/sxsw
・英語版:https://zozonext.com/en/project/sxsw

画像38

XRが日常に溶け込んでいる様子を色鮮やかに描いたこちらのシーンは、会場内を行き交う来場者の目を引きました

画像40

物語の中でも特に印象的な場面である、バーチャルとリアルが融合したファッションショーのシーン。場所や時間を問わず、観客が一体となってショーを見守ります

【4】計測テクノロジーの展示

ZOZOSUIT 2をはじめとする、ZOZOグループがこれまでに開発した計測テクノロジーの展示をおこないました。ZOZOTOWNユーザーからご好評をいただいている、足の3D計測用マット「ZOZOMAT」(計測者数200万人超、2022年1月末時点)や、フェイスカラー計測ツール「ZOZOGLASS」(計測者数110万人超、2022年1月末時点)に加えて、ブルガリ ジャパン社にて昨年11月に期間限定で配布をおこなった「ZOZOMAT for Hands」を展示しました。ZOZOMATを実際に試した来場者の中には、表示された自身の足の3Dモデルを見て、「Amazing‼︎」と声をあげる方も。「オンラインショッピングでは靴のサイズ選びは難しくって…」、「自分の肌の色に近いファンデーションを探すのって、ほんとうに難しい」といった悩みを打ち明ける来場者も多く、サイズやファンデーションの色選びの悩みは万国共通のものであり、計測テクノロジーは大きな可能性を秘めていると感じることができました。

画像44

ブース内にはこれまでにリリースした計測テクノロジーが集結。ZOZOSUIT 2に目を引かれ、「あれはなんなんだ!?」と興味を持ってくれる方も多くいらっしゃいました

画像46

ZOZOMATを実際に体験している姿。国を超えて、非常に多くの方々に楽しんでいただくことができました

画像48

ZOZOGLASSはZOZOMAT同様にその計測の手軽さから、ジェンダーを問わず試される方が後を絶ちませんでした

株式会社ZOZO NEXT 代表取締役 金山 裕樹コメント

ZOZOの歴史は挑戦の歴史です。そして、ZOZO NEXTは、新たな挑戦の舞台として「SXSW 2022」を選びました。ファッションとは、見た目を着飾るだけのものでも、機能性だけがあればいいものでもありません。自身のアイデンティティを表現し、その人らしさを伝えるコミュニケーションツールであると同時に、快適性を追求するものでもあります。ZOZO NEXTではファッションと先端テクノロジーを掛け合わせ、より自由に、より快適にファッションを楽しむための研究開発に挑戦しています。

今回の出展では、パートナー企業の協力を得て、日本古来の意匠である西陣織を使用したスマートテキスタイルや、バーチャルヒューマン生成体験のプロトタイプ作品など、国内外初展示作品を含む複数作品を展示しました。

プロトタイプ作品を実際に展示し、我々が持つ技術に対してグローバルな多くの来場者からフィードバックを得られたことは、非常に大きな財産となりました。我々にはなかった視点や発想、活用方法を提案してもらい、今後の展開のヒントをもらうことができたと思っています。また、ここでの出会いから新たなビジネスやコラボレーションへと繋がっていくことにも期待しています。

新たなカルチャー、ファッション、音楽が生まれてきたSXSWで、ZOZO NEXTが描くファッションの未来を提示できたことを心より嬉しく思います。


ZOZO NEXTは今後も、ファッションとテクノロジーを掛け合わせ、より便利でワクワクする未来を実現するための研究開発に取り組んでまいります。

画像52

SXSW会場にて、代表取締役 金山 裕樹

ブース来場者からの声

ブースを訪れた来場者からはこのような声が聞かれました。
・空間の美しさとコンセプトが秀逸。今回のSXSWのブースで一番衝撃を受けた。
・とても美しい。日本の伝統とテックがよい具合に融合している。ヨーロッパでも好まれそう。
・特にテキスタイルの展示に驚いた。近い将来このテキスタイルを使用した製品が見られるのを楽しみにしている。
・(コンセプトムービーを見ながら)とても未来を感じる。
・ボディスキャンをすることなく、身長と体重を入力するだけで自分の体型のアバターが作れるのは手軽で素晴らしい。
・サステナビリティは、世界にとってとても重要なこと。サステナブルな道を歩む企業の取り組みを見ることはエキサイティングであり、素晴らしいと感じる。こんなにクールな作品を持ってアメリカに来てくれたことが嬉しい。今後が本当に楽しみ。
・​これらの技術を使えるようになるのが待ち遠しい。障がいを持っている私は、オンラインで服を買うのに本当に苦労している。ZOZO NEXTの技術は、私により簡単にオンラインショッピングが可能となる未来への希望を与えてくれた。
・計測テクノロジーをアメリカでも使えるようにしてほしい。日本でしか使えないのは、とても残念だ。

出展ブースの様子

画像57

EXPO内最大サイズでの出典となったZOZO NEXTブース。
「ZOZO NEXTは何をしている会社なの?」という質問を皮切りに、多くの質問が寄せられました

画像59

黒を基調としたシックでありつつも目を引くデザインは、社内のデザイナーが試行錯誤の末に生み出したものです

「SXSW 2022」について

■イベント名 :「SXSW 2022」(サウス・バイ・サウスウエスト 2022)
■出展ブース :CREATIVE INDUSTRIES EXPO(クリエイティブ・インダストリーズ・エキスポ)
■開催場所・出展期間 :Austin Convention Center
  所在地:500 E Cesar Chavez St, Austin, TX 78701

  3月13日(日)から3月16日(水)

■SXSW 2022公式サイト:https://www.sxsw.com/


≪以下ご参考:イベント関連リリース≫

■ZOZO NEXT、世界最大級のテクノロジーとカルチャーの祭典「SXSW 2022」に初出展
(2022/2/9配信)
https://zozonext.com/news/20220209_sxsw

■XRなどの先端技術を活用し、より自由な未来へ ファッションの新たな世界を描くコンセプトムービーを本日公開(2022/3/10配信)
https://zozonext.com/news/20220310_conceptmovie

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問合せください。
※この他にも写真や動画をご用意しています。お気軽にZOZO広報までご連絡ください。